ちょこっとぶろぐ

暮らしにちょっと役立つ情報をお届け

長生きするための3つの秘訣

おじいちゃんとおばあちゃんのイラスト

私には自慢のおじいちゃんとおばあちゃんがいます♪

おじいちゃんは今年で97歳!おばあちゃんは91歳!

90歳を超えると介護などのサポートが必要になってくると思いますが、2人ともサポートの必要はなく、施設にも入らないで元気に暮らしています。

今まで病気で入院したことがなく、毎年会っても衰えない2人を観察してみて、長生きの秘訣がわかりました!

よく食べる

2人とも私と同じ1人前を、ペロリと食べてしまいます!
おじいちゃんは時々残すことがありますが、その残りをおばあちゃんが食べます。すごい食欲ですよね?(笑)

私の夫はその姿を見て驚いてました!私はよくあることなので気にしていませんでしたが「こんだけ食欲あるから長生きするんだね」と夫が言っていました。夫は介護士なので、施設にいる方と比べて言ったのだと思います。その言葉を聞いて、よく食べることが長生きの秘訣だと確信しました!

よく動く

2人ともよく動きますし、2人ともじっとできないです(笑)
おじいちゃんは杖を使わずに自由に動けるので、買い物に自転車で行ったり屋根の修繕をしたりして、危なっかしくてこっちが困るぐらい動きます。

おばあちゃんは脚が悪くて杖を使わないと歩くのは困難ですが、じっとできないみたいで、こっちが座っててと言っても動きます。本当は脚が痛くて歩くのが辛い時もありますが「歩かないとダメになる」と言って、脚を引きずって歩くこともあります。

人に甘えないで、自分ができることは自分でやるという2人の行動が、長生きの秘訣だと思いました!

よく頭を使う

おじいちゃんは買い物に行くと、おつりが500円になるように計算してお金を出します。これは昔からやっていたわけではなく、脳のトレーニングのために最近始めました。

おばあちゃんは手芸が得意なので、着なくなった洋服を使ったり、お菓子の空き箱を使ったりして小物を作ります。私なら捨てる物をおばあちゃんは再利用して、頭の中でイメージして作っていきます。

2人とも脳のトレーニングのために、自分で考え行動することが、長生きの秘訣だと思いました!

まとめ

今回は長生きするための3つの秘訣についてご紹介しました!

おじいちゃんとおばあちゃんを観察してみて、誰にも頼らず2人でたくましく暮らしている姿に、まだまだ長生きするなと感じました。

おじいちゃんが「この先短いから好きにさせてくれ~」と言ってから10年(笑)さらに元気になったおじいちゃんは、90歳を超えてから近所の老人会に入って、旅行に行ったりゲートボールしたりして、今が一番楽しそうです♪

女性のイラスト
Nakako

自分のやりたいことを好きなだけ楽しむことが、長生きするための一番の秘訣かもしれませんね☆